洗浄成分

地肌への刺激がなく安全性の高いアミノ酸を配合

アミノ酸シャンプーはたくさんのシャンプー剤の中で最も低刺激で、地肌にやさしいシャンプーと言われています。

その中でもチャップアップシャンプーの洗浄成分は、頭皮・地肌に1番良いとされているアミノ酸を5種類配合しています。

コカミドプロピルベタイン
アミノ酸系の中でもベタイン系と言われる成分です。泡立ちが良く洗いやすいが、洗浄力はやや弱いマイルドな洗い上がりになります。弱酸性で安全性が非常に高い成分なので、幼児用のベビーシャンプーにも配合されています。

ココイルグルタミン酸2Na
代表的なアミノ酸系の洗浄成分です。低刺激なのは当たり前ですアミノ酸系でありながら洗浄力も良く、皮脂が多い、脂性の人でもサッパリとした洗い上がりになります。

ラウロイルアスパラギン酸Na
頭皮に優しいとされているアミノ酸系の中でもトップクラスの起泡性、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れている成分です。泡立ちも良くサッパリし、ふんわりした仕上がりになります。

ココイルトレオニンNa
頭皮や髪の毛に与える刺激は弱く、コンディショニング効果があり、しっとりとした洗い上がりになります。

ココイルグルタミン酸Na
コンディショニング効果がある為、ダメージヘアやパサパサと乾燥した髪の毛に効果的です。

オーガニック成分

チャップアップシャンプーは多種類のオーガニック成分を配合しています。

このオーガニックとは、有機栽培で作られた天然の作物です。化学肥料や農薬を使用せずに育てたものなので一般的な作物に比べ、「安全性が高い」特徴があります。なので身体に良いとされています。

AMEMAN_854da_TP_V

ですが…。オーガニックだから頭皮と地肌は安心だ。と考えるのは間違っています。

例えば、頭皮トラブルでもあるアトピー、かゆみ、かさぶた、臭いなどの症状を持っている人がオーガニック商品を使用していれば絶対に安心と言う訳ではありません。作物の持つ成分と頭皮の相性は人それぞれなので、他の素材と比較して「安全性が高く、健康的な頭皮環境を作りやすい」と捉えてもらうのが正解です。

チャップアップシャンプー

弱酸性

肌と同じ弱酸性ですので地肌へのダメージも無く洗いあがりもつっぱるといったことはまずありません。

石油系シャンプーを使用した場合には、よく頭皮以外の顔などもつっぱる場合がありますが、チャップアップシャンプーは弱酸性のためそういった心配もありません。

チャップアップシャンプー

ノンシリコン

多くのシャンプーに配合されているシリコンは、髪のサラサラ感や指通りを良くするための成分ですが、このシリコンは頭皮までシリコンによってコーティングしてしまうため毛穴が詰まりやすくなるという危険性があります。

チャップアップシャンプーはノンシリコンにこだわって作られているため、シリコン配合のシャンプーのような毛穴のつまりなどの心配も無く安心して使用することが出来ます。

チャップアップシャンプー