ing130428_11-3

スカルプシャンプー、需要は高まる一方。

近年になって、「スカルプ」という単語を頻繁に聞くと思います。

頭皮や、毛髪に対する心配や、質を保ちたいという願望から、

スカルプシャンプーは、これまでにない流れだと思います。

それでは、実際、使っている人を実際に見て感じた、

プロのスタイリストさんの声を聞いてみたいと思います。

プロのスタイリストさんの声。

「こちらのシャンプーを1か月使用したお客様が再来店時に確認すると、髪にハリやコシが出た印象がありました。」/女性スタイリスト

「元々頭皮に油分の多いお客様にスカルプシャンプーを1か月ご使用いただいた結果、かなり油分が減っていました。本人も自覚があるようで、喜んでおられました。」/女性スタイリスト

「しっかりとした洗い心地で、泡も滑らかで洗浄力も高く、多くの方の髪のコンディションが向上しました。」/男性スタイリスト

 

そもそもは、「スカルプ」って、どういう意味?

「スカルプ」(scalp)とは、頭皮のことを指します。

人間の頭皮(頭の地肌)と言う意味です。

よって、髪の毛以上に、頭皮をケアするもの、と考えて頂いて、差支えありません。

 

男女不問で、需要があります。

男性だけでなく、女性も抜け毛や薄毛に悩む方が年々増えてきています。

髪の毛の土壌である頭皮をまず肥沃にすることこそ、

髪の悩みの改善の第一歩だからです。

スカルプシャンプーの、習慣づけ。

【1】毎日、頭皮の毛穴をシャンプーで綺麗にすること。

毎日、きちんと頭皮の毛穴をシャンプーでキレイにすることで、
今、生きている毛根を大事にすることが大切なのです。

【2】朝より、夜にシャンプーをすることがお勧め。

午後10時から午前2時の時間帯は、成長ホルモンが活性化するゴールデンタイム。
この時間に、頭皮をキレイにしておくことが理想です。

また、朝は、どうしても時間に追われてあわただしくなるため、
頭皮を洗うというより、髪の寝癖を直したり、スタイリングをしやすくなるという
髪の「デザイン」を意識したシャンプーになりがちです。

【3】頭皮をやさしくマッサージしながら洗うことが大事です。

約10万本もある髪の根元や毛穴に付着した皮脂や汚れを、ササッと短時間で洗うことは不可能です。
また、短時間だと、指使いも乱雑になりがちになり、頭皮に余分な刺激を与える可能性もあります。
頭皮の血流をゆっくり促進するつもりで、リラックスしながら頭皮をやさしくマッサージしながら洗うと効果的です。
すすぎは、シャンプーをしっかりと洗い流すために、時間をかけて丁寧に行ってください。

ノンシリコン

多くのシャンプーに配合されているシリコンは、

髪のサラサラ感や指通りを良くするための成分ですが、

このシリコンは、頭皮までシリコンによってコーティングしてしまうため、

毛穴が詰まりやすくなるという危険性があります。

それに対し、ノンシリコンは、

毛穴のつまりなどの心配も無く安心して使用することが出来ます。

 

弱酸性

肌と同じ弱酸性ですので地肌へのダメージも無く洗いあがりもつっぱるといったことはまずありません。

石油系シャンプーを使用した場合には、よく頭皮以外の顔などもつっぱる場合がありますが、

弱酸性シャンプーは、その心配がありません。

 

頭皮のかゆみの原因や対策

【乾燥】

乾燥は、頭皮のかゆみを引き起こす代表的な原因です。
主に乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方に多く発生します。

頭皮の乾燥は、過度なシャンプーによる皮脂の取りすぎや、エアコンや乾いた風にあたることで引き起こされます。

また、加齢により頭皮の皮脂の分泌量は減ります。
そのため、洗浄力の高いシャンプーの洗髪による過度な皮脂の除去により、乾燥を起こしてしまうこともあります。

頭皮の乾燥は炎症を起こし、かゆみ、フケ、ひどくなるとかさぶたや痛みを引き起こします。

対策としては、ローションやオイルなどで保湿する、血行をよくするために頭皮マッサージや生活習慣の改善を行う、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーで洗うといったことが挙げられます。

【誤ったシャンプーの洗い方】

洗髪は皮脂をとるため大切ですが、正しく洗髪を行っていないと、逆にかゆみを引き起こす原因となります。

頭皮を傷つける誤った洗髪方法としては、以下のものが挙げられます。

  • 熱いお湯で頭を洗う
  • シャンプーを直接頭皮につけてから洗う
  • 爪を立ててガシガシ洗う
  • シャンプーの洗い残しがある

上記の洗髪を行うと、

頭皮が傷つき炎症が起きてしまったり、皮脂を落としすぎて乾燥してしまったりし、

かゆみを招く恐れがあります。

【ストレス】

人間はストレスがたまると体も緊張状態となり、免疫が作用して汗をかきやすい状態になります。

頭皮も汗を多くかくため、毛穴からの皮脂が過剰分泌の状態となり、頭皮のかゆみを感じるようになります。

そのため、ストレスが原因のかゆみの特徴として、頭皮のベタつきが挙げられます。

また、ストレスが頭皮のかゆみにつながる要因として、

ストレスがたまると皮膚の新陳代謝が悪くなり、古い角質が溜まり頭皮環境が悪化することも挙げられます。

ストレスが原因の頭皮のかゆみは、寝不足や疲労、食生活の乱れといった要因で引き起こされます。

そのため、身体のストレスを減らすことで改善することができます。

また、皮脂を落とす効果の高いスカルプシャンプーの使用も効果的です。

 

商品紹介画像

この商品の、画像での紹介です。

OM43524oks-2

シ_通常_薄毛男性用_2016-02_600×360-01