25691945616_254a90eae4_o

安全なシャンプー

昭和1年(1928年)にシャンプーという言葉が使われ出して、90年近く経ちました。
現在使われているシャンプーは今を生きる人々に合わせた成分で配合されたものが
多くなっています。

しかし、昔ながらのシャンプーではある成分を一貫して使われており、
持続的に頭皮にダメージを与えてしまう場合もあります。

今回は洗浄効果の成分について、紹介していきたいと思います。

主な洗浄成分

・高級アルコール系
・シリコン系
・アミノ酸系
・ベタイン系
・石鹸系

高級アルコール系について

・ラウリル硫酸Na
・ラウリルエーテル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸TEA
・ラウレス-3硫酸アンモニウム
・オレフィンスルホン酸

高級アルコール系は、石油もしくはヤシ油由来の成分です。
これらは高い洗浄効果から現在もよく使われていますが、頭皮を保護する
余分な皮脂を洗い落とすことから、頭皮や肌が荒れてしまいます。

ラウリル硫酸について

特にラウリル硫酸Naは他と比べて、非常に高い洗浄効果をもたらすため、
頭皮が気になる方はその成分が含まれたシャンプーを購入しない方がいいでしょう。

アミノ酸系について

しかし、それらを除いたアミノ酸系のシャンプーは頭皮に優しい低刺激の弱酸性で
保湿効果をもたらしますが、洗浄能力は低く使いづらいものとなっています。